211万円の寄付に同行しました<あり方ファースト・やり方セカンド>

編集長の溝口です。

寄付というと、「募金箱にチャリンとお金を入れる」イメージな私ですが、先日当マガジンのプロデューサー廣江信親さんのご縁で、チャリティーイベント企画で集まった「211万円」の寄付に千葉県庁へ同行させて頂きました。

「211万円」の寄付ってどんな大変なんだろう?全く未知の世界だったので、全てが新鮮でとても貴重な経験になりました。

チャリティーイベントを企画されたのは、福岡県の起業家
(左から)
<神様担当>廣江 信親(慈親)プロデューサー
<お金担当>福岡 ともたけさん
<心理担当>今泉 智樹さん
<自分ブランド担当>住福 純さん

最寄駅から千葉県庁へ
防災危機管理部の応接室で、えらい方に直接お渡ししました。

システム上、防災危機管理部では現金の受取ができないので、実際の現金の受け渡しは別の部署にて。

寄付をしました、という書類もあるんですね。

と、レポートとしては申し訳ないほど簡単ですが、私が不思議に思ったのが

なぜ、福岡の方が千葉県へ寄付?

という事でした。
そしてその答えは驚くほどシンプルで

4人で「何かやりたいね」と集まったタイミングで千葉県の台風があって、住福さんが「被害のあった千葉へ寄付したい」と電車の中で思いついた。
それを他の3人に話したら「それ、いいね」となったそうなんです。

すっごく軽やか!エフォートレス!

その「何かやりたいね」スタートのチャリティー企画イベントはオンライン含め参加者100名を超える大盛況!

私も参加した、東京でのシークレットセミナーも素晴らしく心地よい空気感でした!

このチャリティ企画全体にある
<あり方ファースト・やり方セカンド>(お金担当・福岡 ともたけさんのキャッチコピーをお借りしています)を体験し、自分がいかに「やり方人間」なのかと痛感し、恥ずかしいやら有難いやら…というのが正直な気持ちです。

そこで私のように「あり方?って一体何??」という方のために
<あり方ファースト・やり方セカンド>について、シークレットセミナーの溝口メモを一部公開!

あり方とは?

・あり方は「目的地」。やり方は「移動手段」
・エネルギー状態。やりたいが出来ている、出来ていない。(ともたけさん)

・視点、何を見ているか(住福さん)

・目的意識、競争が存在しない
・生き方、お天道さんが見ている(廣江プロデューサー)

・感情がナビゲーション。ワクワクしている時があり方が整っている時。
日常の些細な事で土台が作れる(今泉さん)

他にも
・すぐに答えを求める人でお金にモテてる人を見たことがない
・全ては最善
・不安をなくす方法はない。不安はあるもの。立ち直るのを早くする。
・ネガティブには「やりたい」が隠れている
・使命は立候補制
・人生はフローチャート

などなど、名言のオンパレード!
その言葉の背景がすっごく気になってきます。

「すぐに答えを求める人」は特に耳が痛いです笑!
理解できないと「なんでなんで?」と思ってしまいがちなので、頭でわかろうとしない。わからない事はヒントとしてそのまま受けとって、これからの自分の経験での検証を楽しんでいきます!


講師の方の言葉が気になった方は、ぜひメルマガからその「あり方」を感じられてみてください。


魅力創造法人ラグズ 廣江信親さん
運と仕事が良くなる369通のお手紙

お金モテStyle 福岡ともたけさん
【お金モテの法則】お金は稼ぐものじゃなくモテるもの

日本こころカウンセリング協会 今泉 智樹さん
心の取り扱い説明書 : 本当の自分を生きる方法!

自分ブランド構築コンサルタント 住福純さん
【自分ブランド構築】仕事と人生を輝かせるメールマガジン

投稿者プロフィール

溝口優子
溝口優子編集長
すべての女性を軽やかに!息子と一緒に令和を楽しみ成長したくて「エフォートレス」をテーマに活動中。農家&ヨガインスタラクター&デザイナー、個人事業主の為のWeb制作サービス「ふくきたる.tokyo」代表・コンテンツアドバイザーと色々やってます。