人生一度きり! アレもコレもやりたい貴方にエフォートレスのすすめ

~農家・ヨガ・ブランディング 溝口優子の場合①お仕事編~


千葉県成田市で「あるまま農園」を営む溝口優子さんは、ヨガ講師でもあり、個人起業家向けにブランディングを教える仕事もされています。Facebookには美味しそうな無農薬野菜の写真が並び、愛くるしいご子息も登場。かと思えば最新のWebマーケティングの話題や、ぱっと目を引くアイキャッチ画像の数々、時には赤いドレスをさらっと着こなして銀座の街で朝活をする姿まで……。


いったい、どうなっているの??

どうしたらアレもコレも叶えられるの!?

こんなに手を広げて、家族の時間はあるの!?


今月は「エフォートレス・マガジン」編集長でもある溝口さんの素顔に迫りながら、エフォートレスな暮らしのヒントを探ってみます。

Vol.1は、主にお仕事面についてインタビューしました。

農家にヨガにブランディング!
溝口優子の毎日はどうなっているの??


福岡

編集部(福岡):今日はよろしくお願いします。
今回「エフォートレス」がテーマですが、実際溝口さんがエフォートレスなのかどうか、生活の様子が全然イメージできないのですが…。どうやって回しているのか教えていただけますか?

溝口編集長:そうですよね(笑)あまり一般的な働き方ではないのかも。この企画を通してエフォートレスかどうかを検証できたら嬉しいです!

まず、1週間のスケジュールはこんな感じです。野菜の発送作業をするので火・金は成田にいます。週末は家族でゆっくり過ごしたいのでオフ、残りの日に東京へ行ったり、ヨガを教えたり、学びや交流の場へ行ったりしています。

========================
 月曜日:フリー
 火曜日:農家・野菜の発送作業
 水曜日:東京
 木曜日:東京
 金曜日:農家・野菜の発送作業
 土日:休み
========================

福岡

なるほど、曜日で分けているんですね。そして意外と農家仕事をされていない(驚)!!

そうですね。以前は畑にも出ていましたが、今は繁忙期以外は、私は販売と新規開拓メインで関わっていて。畑は農園長の主人とパートさんにお手伝いいただいています。

福岡

ちなみに、農業はもともとご経験があったのですか?

仲良しの農家さんがいて、週末にお手伝いに行ったりしてましたが、まさか自分が農家になるとは思っておらず。たまたま結婚したい相手の職業が農業で、それが別に嫌ではなかったんです。でも、最初の2年くらいは慣れない田舎暮らしに体調は崩すわ、畑に出ても役に立てないわで、農家に向いてなかったなぁと思いながら過ごしていました(涙)

福岡

なんという新婚生活…。それで「もう農家なんて嫌だー!」って爆発して、東京に出てこられるようになったわけですね?

それが違うんです。田舎暮らし自体はとっても気に入っていて。旦那さんの好きな農法も応援したいので何ができるかな…と考えた先に東京がありました。というよりは成り行きかな。私、よく主体性がないと言われるんですが、消去法で色々やっているうちに、今のスタイルに落ち着いたという感じなんです。



農家の奥さんが、
銀座でお茶会をするまでの道のりとは


畑作業を2年ほどやったあとに、農業には貢献できないと思って、昔から趣味だったヨガを教えはじめました。お客様にも恵まれ収入も安定したのですが、妊娠・出産を考えたときに、私が稼働しないとお金が入らない仕事では、この先が不安だなと思って。そこで力をいれはじめたのが、野菜の個人宅配事業でした。

福岡

それまではご近所の畑仲間さんとのおろし業務がメインだったんですものね。

そうです。その一環で、認知を広げたりビジネスを学ぶために、「大人の女子校」というコミュニティに入りました。すると、独身時代にデザイナーだった実績を買われて、デザインやキャッチコピーなどを作ることになって。いつの間にか「プロモーションのプロ」として注目されてしまったんです。受注もたくさんいただき売上になったのですが、なんだか気持ちが乗らずにやめてしまいました。

福岡

え、やめた??農業以外に収入源ができたというのに?!

なんでですかね、楽しくなくて。桜井希和子さんに声をかけていただくまで、しばらく成田で引きこもり生活をしていました(詳しくは10月号Vol.2をどうぞ!)。

それで、ある時、希和子さんのご縁でお目にかかった方から、「成田にいないで、週5で東京に行きなさい」とアドバイスをされました。これが、東京に行きはじめたきっかけです。週5は無理ということで、とりあえず週3回で行き始めたんですけど、それでもなかなかに大変でした。

福岡

お子さんもいて、この移動距離は大変ですよね。

それで、東京の姉の自宅に泊まる作戦を思いつきました。週3日でやっていたことを、水木でまとめてやって、水曜夜は姉の家へ。姉は仕事があるので木曜朝早くに私も出なければいけない。その足で銀座に行き、降り立ったカフェではじまったのが、銀座朝活だったんです。

福岡

「時代は朝活だ!銀座へGo!」ではなく、流れに乗って偶然生まれたのがあのお茶会なのですね。

不思議ですよね。それでも銀座朝活には、150人ほどにもうご参加いただいていて。一緒に運営しているお2人をはじめ、企画を一緒に盛り上げてくださるご縁に恵まれて、本当にありがたいなと思います。

運命の出会いと人生観につながったヨガ

福岡

最後にヨガについてお話を聞かせてください。ヨガは講師になるために資格を取られたんですか?

ヨガは趣味です。私運動が実は嫌いで…。走るのとか無理(笑)

スポーツクラブで色々やってみたものの、どれもうまくいかなくて。唯一できたのがヨガで(笑)独身時代に腰痛もひどくて、それを改善するためにもはじめました。

福岡

えーーーーー!?でも普通、ちょっと好きなくらいでインドまで行かないですよね?よっぽどはまったんですね!

やぁ…お恥ずかしいのですが、当時婚活中で、条件的にこれ以上ない!という方がいてお付き合いしていたんですけど、なんか違うなぁと思って。でも言い出せなくて。ちょっと会えない口実が必要で…。

福岡

それでインドで2か月修行を???(衝撃!!!)

そう。仕事の方も、色々ありまして、ちょうどいいかなと思って。

でも、インドでから帰ってきてから出会ったのが主人で。ピンときちゃったんですよ。いたーーー!!!成田に素敵な人いたーーーって!もう条件面からパートナーを探すのはやめて、気が合う人にしようって思った矢先でした。

今もヨガレッスンは続けていますが、仕事である以上に私の生活の一部となっています。


検証:溝口優子はエフォートレスか?

(編集部)お話をまとめると

デザイナーとして東京で勤務
→恋愛も仕事も色々あって、趣味のヨガを究めにインドへ2か月修行の旅に出る
→帰国後運命の旦那様と出会い、農家の奥さんに
→やってみたが農業に向かず、ヨガ講師のキャリアをスタート
→出産を視野に入れて、個人宅配事業のためにビジネスを学ぶ
→ご自身のマーケティングの能力も開花


-という流れで今があるんですね!すごい、つながってます!!

福岡

何か次の道を考えるときに、意識していることはありますか?どんな風に目標を立てるんですか?

目標は考えません。私は今の生活がとても気に入っているんです。何かフォーマットがあって、それにのっかったんじゃなくて、主人とゼロから作り上げた暮らしを心から守りたいから、それに向かって自分ができることを考えているだけです。

Whyが大事でHowはどちらでもいい。だから今後も何をするかは変わるかもしれませんが、大事なのは人生の目的なので。どうありたいかを大切に歩んでいきたいと思っています。



(編集部)今回溝口優子さんのお話をうかがい、エフォートレスだと感じたことが3つありました。

ポイント① 
自分が何をすれば家族やそのコミュニティに一番貢献できるかをいつも考えている。(起業も、銀座も、旦那様のお野菜を売るためであり、暮らしのため。「自分を輝かせたい!」がスタートではない。)

ポイント② 
流れに身を任せた「消去法」の人生も悪くない!?
だって、キライを取り除いて残ったものは、心から落ち着く、心と身体が欲するものなのだから。

ポイント③
目標はいらない。目的だけ。WHyが決まればHowはおのずとついてくる。

***

「心から守りたい暮らしがある」そうイキイキと語る溝口さんには迷いがなく、清々しい表情が印象的でした。Whyには徹底的にこだわり、Howは詳しい方、信頼できる方にあっさり全面的におまかせするのが優子スタイル。実は、ファッション1つをとっても、ものすごく謙虚に素直にプロのアドバイスを行動に移されているそうですよ。

農家もヨガもブランディングも!というよりも「ありたい暮らしをデザインする」。そんな溝口さんの「エフォートレス」なお仕事術をご紹介しました。

次回は、溝口さんのプライベートについて、高井編集員がお届けします。お楽しみに!<2019年11月20日発行予定>






投稿者プロフィール

福岡すみれ
福岡すみれ
食・子育て・英語・ビジネス・女性のキャリアなどについて記事を書いています。前職はお酒&飲料メーカーの役員秘書、現在はフリーランスで3児の母です。あなたが、そして家族やチームが輝くように…令和の時代を軽やかに生きるヒントをお届けできればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です