私が自由に生きる理由

仕事は人生の一部でしかない

歯を食いしばって
家族をないがしろにして
仕事で成果をだしたとしても

女性の人生としてはどうなのでしょう。



私は2008年、
長男が小学校1年生の壁にぶつかり
「学校に行きたくない」と言われました。


当時は大手不動産会社にて
営業職に就き17年経過していたのですが、


大事な時には子供の側にいたいと思い
すぐに退職を決断しました。



その後
週1回の派遣社員として働きましたが、
会社都合により半年で解雇。


資格を取るために大金を使い学び続けても
収入にはならない日々が続きました。


こんな働き方はは、何かおかしい。


試行錯誤する中で
自分の「強み」を使う事こそが
実力を発揮する一番の近道だと知り
2015年から起業を本格稼働させました。


週3日働いて
「自由」も「お金」も手に入れる

自分でビジネスを組み立てる事ができる
起業だったら


「仕事」と「家庭」のバランスを
自分が納得いくよう
両立することが出来ると考え



「週3日働いて自由もお金も手に入れる」
をコンセプトに


「頑張るのではなく収入を得る!」
ビジネスのノウハウを実践。


2018年には収入は
17年正社員で働いていた時の約3倍。
稼働時間は5分の1にまでなりました。

私が思い描いた
「週3日働いて
自由もお金も手に入れる」は
間違っていなかった!


そして
それで結果を出すこともできた時

本当にそこが自分のゴールなのか
という疑問が湧いてきました。




女性の働き方、生き方は人それぞれ。


結果を出す事で満たされる人もいれば
家族の笑顔に幸せを感じる人もいる。


それでも共通して言える事は、

「自分を自分らしく、
軽やかに楽しめているか」
という感覚ではないかと思い始めました。

私の「エフォートレス・ビジネス」

そんな時に出会ったのが
エフォートレス(effortless)という言葉。


エフォートレスとは、
「努力を要しない、軽々とやってのける」
と言う意味のファッション用語でしたが


私の思い描く
ビジネススタイルを言い表すのに
最適な言葉だと確信しました。
 


「エフォートレス・ビジネス」


まだ聞きなれない言葉だと思いますし、
私自身それを一言で言い表すのには
時間がかかりそうです。


だからこそ、
この「希和子マガジン」で拙いながらも
思いの丈を綴りながら


皆さんといっしょに
「エフォートレス・ビジネス」を
育てていきたい。


女性が自分らしく
自分の「好き」や「幸せ」を満たしながら

軽やかに自由に生きる働き方・生き方を
お伝えしていきたいと思います。


ぜひ一緒に
「エフォートレス・ビジネス」を
体感していきましょう!

私はケーキが大好きです!

投稿者プロフィール

溝口優子
溝口優子編集長
すべての女性を軽やかに!息子と一緒に令和を楽しみ成長したくて「エフォートレス」をテーマに活動中。農家&ヨガインスタラクター&デザイナー、個人事業主の為のWeb制作サービス「ふくきたる.tokyo」代表・コンテンツアドバイザーと色々やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です