コミュニティ・ビジネスの歩き方vol.1 8月は集客できません!



つながりがすべて。
時代は「集客」から「コミュニティ」になった。

(マツダミヒロ著「コミュニティをつくって、自由に生きるという提案」より)

「コミュニティ・ビジネス」という言葉、最近よく耳にしませんか?

みずから代表を務める、ウーマンズフリーパレット(WFP)では、11/8(木)沖縄で書籍「コミュニティをつくって、自由に生きるという提案」の著者・マツダミヒロさんを招くイベントを開催する桜井希和子さん。ご本人もコミュニティ起業コンサルタントとして活動中です。


希和子マガジン8月は、今、桜井希和子が考える「コミュニティ・ビジネス」について特集していきます。


vol.1では「子育て中の主婦起業家に向けた、コミュニティ目線で過ごす『夏休み』の提案」をインタビュー形式でお届けします。



8月は集客できなくても仕方ない

よろしくお願いします!
高校生と中学生のお子さんを持つ希和子さんですが、夏休みはいかがですか?もうそんなに手がかからない年齢かと思いますが。

希和子
いえいえ、結構大変ですよ!子供の予備校のお弁当がいるいらないとか、子供が少し大きくなって、スケジュール管理が手から離れたので余計大変です。特に我が家は、基本的に旦那様は家の事をしませんので。家事の効率化は、仕事より難しいですね。

そうでしたか。私もそうなんですが、子供の夏休みには家事の時間が増えて、仕事が思うように進まない方も多いと思います。そんな人は、8月にどう過ごすと良いと思いますか?

希和子
もう、8月は諦めるしかないと思ってます。

自分だって家族とキャンプとか遊びに行きたいじゃないですか。8月はセミナーやお茶会など集客できなくても仕方ないですね。出来ない事を必死に頑張るより、それはそれで9月以降のビジネスに役立つ目線で、8月しかできない事をした方が賢いですよね。

なるほど、そう言われるとそうですね!
8月しかできない事って例えば何になりますか?

希和子
今年は「コミュニティ」という目線を持って、夏休みを過ごす事をお勧めしています。

どういう事かというと、例えばこれは私の失敗談。「キャンプあるある」だと思うんですが。笑

数年前に家族でキャンプに行った時、何故だか私は「キャンプのご飯は男性が作るもの」という思い込みがあったんですね。なので私自身は食事の用意には一切手を出さないと決めて旦那様に任せていたんです。そうしたら…目玉焼きの下は焦げてるのに上は焼けてないとか、困った状況になってしまったんですね(笑)。それでも私は手伝わない。何故かと言えば「役割を決めていたから」なんです。ご飯作りは私の仕事ではない、と。

家事を一切しない旦那様が、キャンプの食事作り係って…不安しかありませんが!

希和子
でしょう!それって計画・役割を務める「組織的な考え方」だったんです。あらかじめ役割を決めて、食事作りはあなたの仕事、だからちゃんとやってね、っと。でも、キャンプの目的って「外で家族で美味しく食事を楽しむ」だったので、本当は役割とかどうでも良かったんですよね。その時、その現場で出来る人がご飯を作ればいいだけ。

役割を決めることで「受動」になってしまい、担当者は出来なくてもやらなければならない。これちょっとおかしかったなと後から気が付きました。

私がやりたいのは、組織的な「受動」の活動ではなく、その時の現場にいる人が「それ私出来そうです、やります!やりたいです」っと自発的に自然発生するような活動。みんなが自分の意思で動く自律的な集まりが、私の思う「コミュニティ」なんです。

自主的で自律的、大事ですね!

希和子
夏休みは経験のチャンスです。8月しかできない事やあんな事を、そんな「コミュニティの理想的な動き方目線」として体験することが、9月以降のビジネスに生きてくると思うんですよね。



BBQだって、親戚付き合いだって
「コミュニティ目線」で

希和子
この前、銀座で浴衣を着てBBQをする集まりがあって。それがすっごく良かったんです。

どのように良かったのですか?

希和子
BBQって、食材が用意されているけど調理は自分達でやるでしょう?そうしたら、誰に言われるでもなくずっとお肉を焼いてくれる人がいたり、みんなの飲み物を持ってきてくれる人がいたり。

あ、いますね。自然とそうなりがちです。

希和子
でしょう!中にはパエリアを焼く時間をストップウォッチできっちり3分測ってくれる人がいて。もうね、それだけで有能な仕事ぶりが見えるでしょう。思わずお仕事頼みたくなっちゃう(笑)BBQでは自主的な「能動」が見られますよね。

確かに、そうですね。

希和子
お酒も飲んでるから、みんな作った自分でなく「素」の自分が出てたんです。それを周りは結構見ている。言い方を変えると「見てもらえる」ので、関係性が深まり相性も分かりますよね。「素」であるという前提の関りあいだからこそ、それが一目瞭然でした。
ちなみに私は「営業目線」で見てたりします。

え、「営業目線」で見るって、どういう事ですか?

希和子
人が集まる場所で見ていると、声をかけられる人と、自分から話しかける人がいますよね。たとえ人見知りでも、人見知りじゃなくてもです。

自分から声をかける人。それはつまり、人に興味があるという事の場合が多いです。話が上手いとかでないんですがそこから「営業できるなあ」って見てました。私も「今日は喋らない。ひたすら飲むぞ!」と決めていたのですが、結果「お仕事何してるんですか~?」とつい話しかけてしまってその人と話し込んでしまう(笑)自然と自分の強みが出ちゃうもんです。そういうそれぞれの動きってよーく見てると面白いです。

あ、それは本当にそうですね!
見てるし、見られてる(笑)

希和子
でもね、人が集まる所でも「素」の自分出せない場所もあって。周りがどう自分を見ているか??不安だったら自分が出せないと思うんです。

「私には出来なかった」も「これやりたい!」も言えない場って本当にもったいない。だから、みんなが「それ、私やりたいです」って本音が言える安心・安全な雰囲気が大事だと思うんです。それには周りの「おうえん」の雰囲気も大事ですよね。

みんなが自分の意思で動く自律的な集まりが私の言う「コミュニティ」なんです。

あと、8月はお盆や帰省シーズンで、親戚付き合いがある方も多いと思いますが。

希和子
お仕事をしたいと思うと、親戚付き合いの時間が勿体無い・どうにかその時間を減らせないものかって考えがちだけど、親戚がいて、家族があって、自分がいるとすると、親戚関係のコミュニティも大事ですよね。私だって義理のお母さんが元気でいてくれるから、お仕事に集中できるのであって。お仕事をちゃんとしたいのだったら、お仕事以外の人間関係をネガティブに捉えず、プラスの材料に変える目線で見た方が絶対良いですよね。「コミュニティ目線」は親戚付き合いにもお勧めです。

それは画期的な提案ですね!

希和子
親戚付き合いの「コミュニティ目線」だったら、理解できなくても、違う価値観を「受け止める」が大事です。その考え方はおかしくないですか?と否定・批判すると自分が悩んで苦しいだけです。ましてや長くお付き合いする方が。だったら「受け止めればいい」。受け入れなくてもよくって「そう思うんですね、なるほどー私と違う」って思えばいいだけ。

そうすると、いろんな目線が楽しくなってくるかもしれません。8月に違う価値観を「受け止める」で視野を広げていくと、9月に見える世界が変わりますよ。

そうだ!いい事考えた!嫌いだったあの親戚のおじさんの、良いところを3つあげてみよう!って、大人の夏休みの宿題にどうでしょう?(笑)きっと良いところあるはず!

爆笑!!
それ、いいですね!やります!

希和子
「コミュニティ目線」って視野を広げるに最適なんです。同じ状況でも「視野の広さ」の違いだけで、受け取り方が全く違います。資格やスキルでなく、「視野の広さ」で取れるビジネスの成果も、人間関係も違ってきます。8月は思いっきり遊んで、視野を広げて楽しもうって決めるのがおすすめです。



新規層への認知に有利! 
FB、ブログの8月ならではの使い方


みんなが大好きな、ノウハウ的な事で8月にやった方が良い事って何かありますか?

希和子
8月は他の月には行かない場所に行ったり、やらない事をしますよね。私だったら母の実家のある仙台や、千葉県の御宿という海の近くの場所に行く予定があります。そういういつもと違う行動は「8月にできる認知の拡大」に効果的です。

私はどちらも車で行くので、高速道路のサービスエリア情報とかブログに載せてる人いたらめちゃめちゃブログ読みます!

お仕事に興味がなくて、または繋がっていなくてもそこから「ありがとうございます~♡」って一気に仲良くなれそう。
お役立ち情報もビジネスライクだったら「使えるか、使えないか」での判断で、調べればどこかありそうだけれど、その人だからこそ気がつくポイントとか、人間的な所が見えて魅力を感じれば、そこからファンになりますよね。
8月は個人の魅力で認知をひろげましょう♡



なるほど!

希和子
あと、私が代表をしている団体「ウーマンズフリーパレット」では11/8に沖縄でイベント開催を予定しているんです。なので今、沖縄の情報をアップしてる人がいたら気になって見ますよ。沖縄情報大募集中!です。

他にも子供が小学3年生で「今うちの子は小学3年生でこの本が大好きなんです」って情報を出したら、他の小学3年生の子供がいる人と繋がりやすいとか。その人にとって身近な話題であればあるほど、初めて知った時から親近感が持てますよね。

身近な話題でよければ、いくらでもありそうですね。そう、8月は特に面白い事、楽しい事がいい!だってみんな楽しみたいですよね?笑

キャンプに行くとかね。
キャンプに行くとかね。(2回目)
楽しくいきましょう!

「コミュニティ目線」で夏休みを楽しもう!という希和子さんのご提案、いかがでしたか?仕事が進まない…っと焦る必要はなく、楽しんだ方が良いなんてワクワクしてきませんか?
もし、ピンっとくる事があったら、ぜひぜひお試しくださいね。

さて、次回のvol.2では、そもそも「コミュニティ・ビジネス」って何なの?を紐解いていきます。
お楽しみに!

2019.810(土)更新<vol.2 >
そもそも「コミュニティ・ビジネス」って何だろう?

投稿者プロフィール

溝口優子
溝口優子編集長
すべての女性を軽やかに!息子と一緒に令和を楽しみ成長したくて「エフォートレス」をテーマに活動中。農家&ヨガインスタラクター&デザイナー、個人事業主の為のWeb制作サービス「ふくきたる.tokyo」代表・コンテンツアドバイザーと色々やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です